用途に合わせたおすすめのクレンジング

subpage01

メイクを落とすのに必要なクレンジング剤は、「オイル」「リキッド」「ジェル」「クリーム」「ミルク」の5種類に分けられます。
そしてどのタイプがおすすめなのかは、用途によって異なります。

まず濃いメイクを落とす時に使われるのが、「オイル」タイプです。

メイクは油性の汚れであるため、同じ性質を持つオイルになじませることにより、しっかりと落とすことができます。メイクを落とした後、さっぱりした感覚を得たいなら、「リキッド」「ジェル」タイプがおすすめです。


「リキッド」タイプは水分をベースに作られており、べたつきが少ないです。

クレンジングのおすすめについてわかりやすく説明しています。

一方、同じさっぱりとした感覚を得られるものに「ジェル」タイプがあります。


このタイプの場合も水分を多く含んでいますが、ゼリー状になっているため弾力があります。


弾力があることによって、肌への摩擦を抑えることもできます。


反対に、メイクを落とした後、しっとりとした感覚を得たいなら「クリーム」タイプがおすすめです。


「クリーム」タイプは油を含んでおり、使用後はしっとりします。


また、摩擦も抑えることができます。

そしてクレンジング剤の中で最も肌に優しいのが「ミルク」になります。
このタイプは滑らかな質感で、乾燥肌や敏感肌の方も安心して使うことができます。
このように、クレンジング剤にはそれぞれ使用感や、どの程度のメイクをしっかり落とせるかに違いがあります。



もししっかりとしたメイクを行った場合ですと、「オイル」や「リキッド」でないと落とせない可能性があります。

一方、薄めのメイクをした場合は、あまり強いクレンジング剤を使ってしまうと、肌にダメージを与えてしまう恐れがあるため、「クリーム」「ミルク」など、弱めのものを使うようにしましょう。